自動車の動力を発生させるエンジンは、自動車の心臓部といえる部分です。

 

このエンジンは、使用する燃料や、構造により、いくつかの種類のものがあります。
自動車用のエンジンとして、最も一般的なものは、4ストロークエンジンで、名称のとおり、エンジン内のピストンが4回作動する一連の動作を繰り返すことで稼働するエンジンです。

}PgžxQ

エンジンを作動させるガソリンや軽油といった燃料は、それ単体で燃焼させることはできないため、エンジン内部で燃焼させる際は空気と混ぜて混合気にすることで燃焼が可能になります。シリンダー内部でピストンは上下運動を繰り返しており、ピストンが下方に移動した時にこの混合気をシリンダー内部に吸入します。シリンダー内部に入った混合気は、上昇するピストンによって圧縮され、ガソリンエンジンであれば、その時点でプラグが発生する火花によって着火されます。着火された混合気は、爆発燃焼を起こし、ピストンを下方に押し下げます。再び上昇したピストンは、燃焼が終わって発生したガスをシリンダー外に排出します。このピストンの上下それぞれ2回、計4回の動作が4ストロークと呼ばれる機構となっています。この動作を繰り返すことにより、ピストンは動力を作り、その動力はクランクへと伝達することで車軸を回すエネルギーとなります。