レシプロエンジンの特徴

| 未分類 |

自動車が走行するために必要な動力はエンジンによって作られています。ガソリンや軽油といった燃料をエンジン内部で燃焼させることによって大きなエネルギーを生み出すことができます。

 
自動車に使用されているエンジンは、大きく分けて2つの種類があり、一つはロータリーエンジン、もう一方は4ストロークエンジンに代表されるレシプロエンジンです。これらのエンジンは、それぞれの構造に特徴を持っています。

}PgžxQ
4ストロークエンジンは、ガソリンエンジンの場合、燃料であるガソリンを空気と混ぜた混合気を内部に吸入することで稼働します。エンジン内部のシリンダー内では、ピストンが上下運動をしており、ピストンが下方に移動した時に、混合気をシリンダー内に吸入し、ピストンの上昇とともに高い圧力で圧縮されます。圧縮された混合気は、スパークプラグが発する火花によって着火し、爆発燃焼を起こします。この爆発の圧力により、ピストンは再び下方に下がり、もう一度上昇した時に燃焼ガスをシリンダー外に排出します。こうした上下運動によって起こるエネルギーを、クランクシャフトに伝え、上下運動から回転運動へとその力を変換します。

 
一方これに対し、ロータリーエンジンは、シリンダー内部をピストンの役割を果たすローターが回転することで、同様の燃料の燃焼を引き起こしていることが特徴となっています。