着火するためのスパークプラグ

| 未分類 |

エンジンは自動車の心臓部ともいえる部分で、エンジンの性能や大きさによって、その自動車の走行性能や出力に大きな影響を与えます。
エンジンにはガソリンを燃料とするガソリンエンジンと、軽油を燃料とするディーゼルエンジンの2種類があり、その構造や燃料の燃焼の方法によって、それぞれの特性があります。

 
ガソリンエンジンは、エンジン内部のシリンダーにガソリンと空気を混ぜた混合気を吸入させ、シリンダー内で圧縮させた後、燃焼させることでピストンを上下に稼働させます。ピストンを動かす動力となる燃焼のきっかけは、スパークラグによる混合気への着火によって行われています。}PgžxQ

 
シリンダー内部では、ピストンが上下運動をしており、この上下運動によって混合気の吸気、圧縮、排気を一連の動作として行っています。この一連の動作と、着火のタイミングを合わせることでスムーズにピストンが稼働し、その上下運動によって発生した動力は、ピストンに連動したカムシャフトによって回転運動へと変換されます。プラグの劣化や、電装系のパーツの不具合により、着火機能に異常が現れると燃焼がスムーズに行われなくなり、その稼働も不安定になるため、出力の低下などのトラブルの原因になることもあります。