4ストロークエンジンの仕組みと流れ

| 未分類 |

}PgžxQ自動車への興味は、あるものの自動車に詳しい人はあまりいないのが現状です。特に自動車のトラブルの際には、全く手が出ないというケースが良くあるそうです。少なくても自動車に関する構造等については、自動車教習所で習っているのですが忘れてしまいがちです。

 
エンジンについては、その構造から主に2ストロークと4ストロークに分けられます。近年では、環境への問題から4ストロークへシフトされてきています。
4ストロークエンジンの仕組みについては、何となく知っていても説明をするとなると出来ない人が沢山いることでしょう。このエンジンの仕組みとしては、一言で表現するならば4つの行程があるということです。その4つの行程とは、吸入、圧縮、燃焼、排気です。

 
まず、吸入行程により帰化されたガソリンと空気の混合気をエンジン内部に取り込みます。次にエンジン内部にあるシリンダーと呼ばれる部品が上昇して、吸入された混合気を圧縮します。燃焼行程では、圧縮された混合気と点火プラグにより燃焼を起こします。最後の行程でシリンダー内で燃焼したガスを排気するという構造になっています。

 
これらの行程で、シリンダーが上下運動を行い下部に設置された部品を通して駆動する力が発生するのです。エンジンの構造は複雑なのですが、基本的な行程はどんなタイプのエンジンでもすべて一緒となっています。