排気専用バルブから外に押し出す

| 未分類 |

エンジンの基本的な原理の一つとして学習教材などにも用いられることもある仕組みの中には、4ストロークエンジンと呼ばれているものがあります。

 

4ストロークエンジンは4つの工程を経て初めて成立する構造になっています。

 

最初に空気と燃料の混合気をエンジン内部に取り込んで、圧縮作業を行います。

 

さらに燃料を燃焼させることを行って、最後に排気させる一連の工程を行うシステムになります。

 

燃焼されたガスに関しては、エンジンからマフラーへと流れる仕組みになっており、その構造は現在の新しい自動車であっても同じ原理のものを利用しています。

 

マフラーに関しては、余計なガスをエンジンから排出させることを目的としているものですが、一定の基準というものが設定されているために、ガスを浄化させるための機能が備わっていることが求められています。

 

また、広く認知されている内容としては、消音器としての役割を果たしています。排出されるガスは高圧力で噴射されることになるために、直接に大気に排出した場合では、大音量を発してしまうことになります。その対策としてサイレンサーと呼ばれているものが設置されていることになり、全てのパーツの総称としてマフラーと呼ばれています。

花06