爆発の力を受け止め上下するピストン

| 未分類 |

自動車のエンジンは、ガソリンや軽油などの燃料を燃焼させることで運動エネルギーを得ています。そのエネルギーを自動車が走行する動力に変換するために、エンジン内部では様々な部品やユニットが稼働しています。

 
ガソリンエンジンの場合、供給されたガソリンを空気と混ぜて混合気とすることでシリンダー内に送ります。シリンダーの中で、混合気は圧縮され、プラグが発する火花によって燃焼します。こうした一連の動作を繰り返すことでエンジンは稼働しています。シリンダー内部ではピストンとよばれる部品が上下運動をしており、その運動によって混合気の吸気、圧縮、排気を行っています。シリンダー内での混合気の燃焼による圧力を受け、再び上下運動を繰り返します。この上下運動はストロークと呼ばれ、1回の燃焼による上下運動の回数から、エンジンは2ストロークエンジンと4ストロークエンジンの2種類に分けられています。

 
また、この燃焼によって起こる運動は上下運動となるため、この運動を回転運動に変換する必要があります。シリンダー内で起こる上下運動の力をクランクアームとよばれる部品で受け止め、その力をクランクシャフトに伝達することで回転運動を生み出しています。

}PgžxQ