混合気を圧縮する

| 未分類 |

}PgžxQ自動車などに搭載されているエンジンには、4サイクルエンジンと2サイクルエンジンという2種類のものがあり、その構造には大きな違いがあります。現在主流となっているのは4サイクルエンジンで、2サイクルエンジンに比べ環境に優しく、燃費も優れているといった特徴を持っています。

 
ガソリンエンジンの場合、燃料であるガソリンは、エンジン内部のシリンダー内で燃焼することによって動力を生み出します。このシリンダー内では、ピストンが上下運動する構造となっており、その上下運動によって、空気とガソリンが混ざった混合気をシリンダー内に取り込みます。ピストンが下方向へ動いたときに吸気を行い、上方向に動いたときに混合気を圧縮します。そのタイミングで点火することによって燃焼の圧力を生み出し、ピストンを下方向へ押し下げます。このことでピストンの上下運動を継続させます。

 
下方向へ動いたピストンは、次に上方向に戻る際に燃焼によって発生した排気をシリンダー外へ排出します。1回の燃焼によって、ピストンは上下それぞれ2回づつ稼働し、その運動をストロークと呼ぶことから、こうした構造のエンジンを4ストロークエンジン、あるいは4サイクルエンジンとよばれています。